×

新导航介绍,点击查看

教授様の<情報デザイン入門>読んだメモ 090817

发表日期:2009-08-17 摄影器材: 点击数: 投票数:

教授様の<情報デザイン入門>読んだメモ 090817

32 インターフェースとは接点のことである。情報と人の接点は、言語、文字と身ぶり、図像である。機械と人との接点は操作バネルを指す。
33 情報デザインの起点はインターフェースにあったと言える。
34 先生がコンピュータを本格的に使いだしたのは、1986年である。
35 情報と接するために必要な形態である。(1)文字(2)アラビア数字(3)グラフィックーシンボル(4)ダイアグラム(5)映像、これらはすべてデジタルーデータ化することができ共通のデータとして扱うことが可能となっている。
36 デジタル情報はインターネットなどの通信回線よって世界中とやり取りができるようになっているのである。
37 サイン計画は、人と空間と情報のコミュニケーションをはかるデザインであり、コミュニケーションーデザインの一つである。
38 情報デザインはコミュニケーションーデザインである。
39 サインとは符号化の仕組みのことであり、符号化による形態はシンボルである。
40 サインによる誘導システムでは、サインを設置して自分のいる場所や行こうとする目的地はどこなのかがわかるようにしている。
41 サインーシステムで最も重要なことは、現在地を知らせることである。
42 サイン計画は、ある特定の空間にいおてサインの要素を配置して空間の把握を助けるだけではなく、関連する情報の提示を併せて行なっている。
43 サインシステムで表している表示は,機能に分かれて(1)名称表示(2)案内表示(3)誘導表示(4)説明表示(5)規制表示である。

关键词:日本

作者:唐可楽

《教授様の<情報デザイン入門>読んだメモ 090817》


下一篇:没有了

最 新:
没有其它新的作品了

更多唐可楽的POCO作品...

评论