×

新导航介绍,点击查看

人間失格

发表日期:2011-09-19 摄影器材: 佳能 PowerShot S30 点击数: 投票数:

 最近益々思うけど、私ってどこか不健全なとこがあるかもしれない。


この間、ウェブラジオを聞いたら、ある高校一年生が自分が恋をしたことないって打ち明けて、恋の仕方を番組の皆さんに尋ねた。理由は彼女は友達に恋愛経験がないことで、「お前、女として人生終わったね。」と指摘されたらしい。


そこで私がちょっと痛いと身に感じた。まだ高校生なのに、しかも一年生で、恋したことないってそんなに不健全かな。だとしたら、私は人生終わったところか、人間失格だ。


時間が過ぎってゆき、もう若くはないだ。親友やオフクロも私の個人問題が気になってきた。

「このままじゃダメだぞ。ちゃんといい人を見つけ出せ!」

「これから、関心をもつようにね。」

って、そんな話ばっか言われた。


私はけしてそんなつもりないわけないから、人と出会うたび、その人どうかなってくらいは一応考えてる。でも、なかなか行けるとは思えない。そもそも、誰かと一緒になる理由が見つからない。二十数年間、友達の恋をたくさん見てきた。恋話もいっぱいした。それでも、自分がひとりのままに関しては、なんの疑問も持たなかった。ひとりでいたいからじゃないけど、二人になりたいわけもない。(ちょっと矛盾かな。)


大学の卒業旅行のことを思い出す。

ある寺に入った、少し祈りをした。

出てようとしたとき、寺の人に引き止めた。

もちろん貢いでっての話をされた。

私はホントは無神論者だが、心が弱い時期なので、神様に頼った。

でも、やはり神の力など信じないから、結局貢なかった。

そしたら、寺の人にそれでもいいって言われ、ある忠告をくれた。

「けして結婚を早めないように」と。

自分がどうしても結婚を早く出来ないと思ってるから、別にそう言われたってなんてことない。

けれど、今思い出したら、もしやその言葉で自分の姻縁はまた先伸ばされたんだろうか。

と、ちょっと心懸をした自分がいる。


なぜ最近はこんな話ばかりをするかな。

なんか自分が惨めに見える。

寂しくないと言いつつ、こんなもん書いてどうするの?

寂しさに負けるくらいなら、寂しさそのものになればいい。(おいおい、なんか違うぞ!)

そして、その不愉快な感情は消えれるんだろうか。

关键词:日志

作者:Cathryn

《人間失格》


下一篇:没有了

最 新:
没有其它新的作品了

更多Cathryn的POCO作品...

评论